脱毛サロンで日焼けがNGな理由

脱毛サロンの利用を検討したとき、日焼けをしてはいけないという話を耳にすることがあるのではないかと思います。
実はそれには深いわけがあったのです。

脱毛をするときに日焼けがNGな理由

日焼けをしてはいけないといわれるのには、いくつか理由があります。

日焼けをすると痛みやシミの原因になることがある

まず日焼けをすると、施術時の痛みが増える可能性があります。
脱毛サロンやクリニックで用いられている光やレーザーというのは、黒いものに反応するという性質があります。その性質によってムダ毛を重点的に処理できるのですが、肌が日焼けして黒くなってしまうとそちらにも光の効果が伝わってしまい、効果が弱くなったり通常よりも痛みが強くなってしまうことがあるのです。
また、日焼けをした状態は軽度の火傷状態であるともいわれており、刺激を受けやすくなっています。そのような肌に光やレーザーを当ててしまうとかなりのダメージとなり、シミや色素沈着のもととなってしまうこともあります。

施術中の日焼けも肌トラブルの原因に

施術前の日焼けはもちろん、施術期間中は常に日焼けに気をつけておく必要があります。先に述べた通り日焼けというのはやけどの状態となるため、施術後のデリケートな肌には非常に強い刺激となり、トラブルに繋がる恐れもあります。
そのため施術期間中は日傘や日焼け止めを使ったり、なるべく露出しないようにするなど日焼けには細心の注意を払う必要があるのです。日焼け止めは一度塗ったら安心ではなく、何度も塗り直す癖をつけておくと良いでしょう。

最近では日焼けしても大丈夫な場合も

実は最近ではSHR脱毛という肌の内部から働きかけるマシンがあり、日焼けをしていても施術を受けることができます。
日焼けをしやすいという方はSHR脱毛を導入しているサロンを探してみるのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です