医療脱毛は痛くないは信じないほうがいい

脱毛の施術は痛い!

自分でムダ毛を抜くときのことを考えてみてください。毛抜きで引っ張るとき、ムダ毛を抜くときには痛みがありますよね。そのため医療脱毛をするためにクリニックに行ったときにも、痛みはある程度あると考えておいたほうが無難です。
痛みはないだろう、痛みがあっても対処してもらえるだろうと思っても、ある程度の痛みは当たり前なので、そのギャップにびっくりしてしまうこともあるのです。

痛みの感じ方は個人差がある

同じ痛みでもあまり痛いと感じない人もいれば、少しの痛みでも敏感に感じてしまう人もいまず。痛みというのは感じ方に個人差があるのですね。
医療脱毛は痛いと言われたその印象だけで、ちょっとの施術でも痛いと感じてしまう人がいるのも確か。反対に痛いのを想像していたら、思ったほど痛くなかったということもあるのですね。そのため痛みの感じ方には個人差があるので、一概に痛いとは言えないのです。

それでも医療脱毛をしたことを後悔しないためには

全然大丈夫と思っていたら、思っていた以上に痛みがあって、もう通うのが嫌だと思ってしまう人も少なくありません。もしかすると、高いお金を支払って契約したのに、医療脱毛をしたことを後悔している人もいるかも…。
そのような事態を避けるためには、痛みがあることを素直に相談することです。医療脱毛であれば医師もいますし、施術をしてくれる看護師などに言ってもいいでしょう。痛みに対する軽減方法がいくつかあるはずです。その提案の中から自分に合った痛みの軽減方法を選び、医療脱毛を続けることも可能なのです。大切なのは我慢しないこと。そうすれば、痛みのある医療脱毛も完了させることができるようになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です