脱毛クリニックで言ってる永久脱毛ってどういう状態?

永久脱毛や医療脱毛は脱毛クリニックでよく言われている言葉ですが、実は施設によってその基準は統一されていない場合があります。そのため、永久脱毛は永久に無毛な状態と言うわけではないのです。今回、永久脱毛とはどういった状態なのかについてお話ししていきます。

脱毛クリニックの定番は永久脱毛

脱毛クリニックの定番といえば永久脱毛です。しかし冒頭でもお話しした通り永久な脱毛ではありません。そんな永久脱毛についてどういった状態なのかを少しお話しします。

永久脱毛は永久の無毛状態ではない

永久脱毛は永久の無毛状態ではありません。「最終脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が、20%以下である脱毛法であること」という米国電気脱毛協会が定める永久脱毛の定義が元となっています。そのため、脱毛後にムダ毛が生えてきても永久脱毛と言えるのです。

どういった状態を永久脱毛というのかあらかじめ知ってから利用を
永久脱毛の基準は様々です。ここではどのような状態が永久脱毛なのかを何例か挙げていきます。なるべく厳しい基準を元にしている施設を選ぶのがおすすめです。

永久脱毛の定義は様々

主に二例を挙げていくと、「最終脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が、20%以下である脱毛法であること」という米国電気脱毛協会が定める永久脱毛の定義を元にしている例と「3度のレーザー照射後、6ヶ月を経過したときの毛量が施術前より67%以上減っているもの」というやや厳しい基準の米国食品医薬品局のレーザー脱毛の定義を元にしている例があります。可能であれば、この厳しい定義を元に永久脱毛と言っている施設を選ぶのがいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です