鼻毛処理をすると風邪をひきやすくなるってホント?

風邪

大事な時に、ひょこっと出てきてしまう鼻毛…。シリアスな会議やアツアツのデートも、一気に冷めてしまうほど、マイナス要素も大きなものですよね。

特に女性の鼻毛見せは、今までのイメージを全部壊しかねないとても危険な存在です!けれど、鼻毛って抜くと痛いですよね。見せたくなりから、我慢して抜くと繰り返すと、風邪を引きかねない問題も。

「え?鼻毛抜くと風邪ひきやすくなるの?」と疑問を持った方、実は、自分勝手な鼻毛抜きでは、風邪どころか、鼻の病気に発展してしまうかもしれませんよ。

知らなかった鼻毛の秘密!実は大事な鼻毛の役割とは

鼻の穴にたっぷりと生えた鼻毛。短毛や長毛、濃い毛や産毛のような柔らかい毛まで、さまざまあります。これは、人それぞれの住んでいる環境や状況に違いがあるから。

鼻毛には、空気中のホコリやウイルスなどの異物を防ぐ役割があります。鼻が呼吸し、空気を吸い上げると、まず鼻毛のフィルターを通過し、中にキレイな空気のみを喉へと送り込みます。その後、気管、肺へとつながっていきます。

もし、鼻の中に小さなゴミやウイルスが入ってしまったら、どうなるでしょうか。鼻毛は、ゴミ付着した強い刺激からムズムズとした強い異物を感じ、鼻水が分泌され、クシャミとなって、ゴミやウイルスを外へと排出してくれます。

また、鼻毛には、ニオイをかぎ分ける重要な役割もあります。

鼻毛の中に、嗅毛と言われるニオイを感知するセンサーが付いています。このセンサーにニオイの元である微粒子が付着すると、神経を通って脳に伝達。ニオイを嗅ぎ分けることができます。

これは、間違い!やってはいけない鼻毛処理のリスク

チリやホコリの多い汚れた空気を吸いやすい職業や掃除なしの部屋で暮らす人と、オフィスで働く人やきれいな部屋の人では、汚れた空気に触れる方が、圧倒的に鼻毛が太く、濃くなるというデータがあります。

これは、汚い空気を吸う人が、きれいな部屋で過ごす人よりも、毛周期が格段に早く、ドンドン伸びてしまっているということ。このデータでは、鼻毛がフィルターとしての効果を日々、発揮している点がわかります。

では、見えると嫌な鼻毛は脱毛してしまうと、どうなるでしょうか。

鼻毛をブチブチと抜いたり、ワックス等で全部脱毛してしまったりすると、鼻の中で傷を作り、出血してしまう恐れがあります。また、鼻水が傷口に触れて沁みたり、菌が入って大きく腫れたりするかもしれません。

鼻毛がなくなると、風邪などのウイルスが体の中へと簡単に入ってしまいます。特に、外での作業が多い人は、処理には十分注意しましょう。

風邪以外にも、病気のリスクが!鼻毛処理には秘められている!

鼻毛を全部抜いてしまうと、ゴミやウイルスが鼻のフィルターを通らず、直接、気管から肺へと進むために、細菌が体へと侵入し、風邪をひきやすくなってしまいます。

それどころか、アレルギーや毛嚢炎という病気が発生してしまうかもしれません。毛嚢炎とは、毛穴の奥の毛包が細菌に感染し、赤く腫れあがることを言います。

また、鼻の穴だけに限りませんが、ワキや顔、足など、自己処理での脱毛後に起こるケースが多い症状でもあります。

さらに、花粉が多く飛ぶ季節では、鼻毛に花粉が付着して、直接、体に花粉が取り込まれないようカバーをしてくれています。花粉が体内に入り、ある一定量を超えると目のかゆみや鼻水、鼻詰まりなどのアレルギーを発症します。外出先から戻ったら、鼻の穴を水で軽く洗い流して、清潔に保ちましょう。

    鼻毛を抜くとなってしまう病気

  • 花粉症
  • 毛嚢炎
  • アレルギー性鼻炎

風邪にならないように気を付けたい、正しい鼻毛の処理方法

気になる鼻毛には、ついブチブチと毛抜きで抜いてしまったり、工作で使用するような大きなハサミでカット処理したりと、無理な脱毛をしがちです。

しかし、鼻の中は奥までしっかりと鏡では見えず、毛抜きや大きなハサミでは、赤くなっているなどの肌状態がわからないまま、直接肌を傷つけてしまうことも考えられます。

そんな鼻毛処理には、鼻毛カッターがおすすめ。鼻毛カッターなら、刃が肌に触れずに切れて安全。出血などで傷を作ることもなく、鼻毛だけをきれいに短くカットできます。

また、丸ごと洗浄できる商品やカットした毛を掃除できる商品など、清潔に使うこともできます。

鼻毛専用の小さなハサミも販売されています。刃の先が丸くなり、肌を傷つけないように工夫されています。しかし、小さいと言ってもハサミなので、顔を横に傾けてカットすると、穴表面に触れてしまうことも考えられます。

苦手な人は、リスクの少ない鼻毛カッターがいいですよ。

鼻毛処理で風邪をひきやすくなるって、ホント?

「鼻毛処理は、自己処理でOK!」と簡単に考えてしまうと、1本を抜いたせいで、大変なトラブルへと発展するかもしれません。

鼻は、顔の中心です。赤く腫れてしまうと、患部を隠しても目立ち、いつもマスク姿になってしまうこともあります。

鼻毛は、悪いゴミやウイルスを取り除く大事なフィルターです。無理な自己処理を行わず、丁寧に専用カッターで処理してあげましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピンセット

鼻毛処理法として鼻毛を抜いている方いらっしゃいますか?今すぐやめましょう!

鼻ニキビ

鼻毛処理の仕方によって鼻の中にニキビやデキモノができる!?

鼻血

鼻毛を処理していたら鼻血が出てきた!?処理法に注意しましょう。

カミソリ

カミソリで鼻毛処理をしたら鼻の中を傷つけてしまう?

危険

危険な鼻毛処理法とは?あなたは正しい方法で鼻毛を処理していますか?