鼻毛を処理していたら鼻血が出てきた!?処理法に注意しましょう。

鼻血

鼻毛処理は今の現代社会で生きていくには必須事項です。
面倒だからと言って正しい鼻毛処理方法を身につけないと、鼻血が出たり病気になったりしてしまいます。

なので正しい知識を身につけて、危険のないように鼻毛処理を行いましょう。

【鼻毛を処理する前に知っておきたいこと】

鼻毛と聞くとあまりいいイメージが浮かばないですよね。
ですが鼻毛は人間が生きていく中で重要な役割をしてくれています。

<鼻毛の役割とは?>

鼻は空気を吸い込んでくれますが、菌やホコリなども吸い込んでしまうという側面もあります。
そこで活躍してくれるのが鼻毛です。
鼻毛には外から吸い込んだ空気をきれいにする役割があります。
その絡め取られた菌やホコリは、鼻からの分泌液によって鼻くそに変えられます。

鼻が詰まってる時に喉が痛くなる理由は、口でしか息ができず、鼻毛を通して空気を取り入ることができないからです。

ですので鼻毛は生きていく中ではなくてはならない存在なのです。

<鼻毛処理の頻度>

約2、3週間に1回のペースで良いです。
処理する前に鼻毛が出ているか見て、特に気にならないようであれば処理はしないようにしましょう。
なぜなら、鼻毛が抜かれるほど毛穴に菌が入ってきてしまうからです。

<鼻毛を伸びにくくするには?>

鼻毛処理は大事ですが、鼻毛が伸びづらくすることも大切です。
鼻毛は空気が汚いと伸びるスピードが速まりますが、空気がきれいなところでは伸びるスピードが下がります。

ずっと空気がきれいなところにいることができなくても、少しでも空気が汚いところを避ける意識があれば、鼻毛にも体にも優しいです。

【鼻毛処理方3選】

<鼻毛カッター>

鼻毛カッターには男性用と女性用があります。

女性の鼻毛は男性のと比べて細く根が浅いので、男性用の鼻毛カッターを使ってしまうと粘膜を傷つけてしまいます。
お店には男性用の鼻毛カッターの方が多くありますが女性の方は男性用の鼻毛カッターを使うのは控えましょう。

そして買うものは、痛みがあるといけないので切れ味が良いものにしましょう。

<鼻毛用ハサミでの処理>

この方法はお財布にも優しく、また簡単ではありますが切りづらいといったデメリットもあります

ここで気をつけないといけないことは、事故です。
鼻の中には大事な神経や血管などが沢山あります。

鼻毛用ハサミに限ったことではありませんが、処理する際は特に気を付けましょう。

<ブラジリアンワックス>

この方法は、ワックスを抜きたい鼻毛に塗って固まった後に鼻毛と一緒に抜くといった方法です。

一気に鼻毛が抜けてくれて、目立たないようにするには最適です。
ですが鼻毛は菌やホコリなどから守ってくれる役割があるため、たくさん抜けてしまうとそれらの役割をはたしづらくなってしまいます。

なので出てきてしまっている鼻毛だけに塗るようにしましょう。

間違っても全体に塗るということはしないよう気をつけて下さい。

【鼻毛処理の注意点】

鼻毛は重要な役割をしてくれています。
それゆえ何も知らずに処理することは、鼻血が出ることだけではなく非常に危険なこともあるのです。

例えば脳へ繋がる血管に、菌が入ってしまったら、最悪失明してしまうこともあります。
なので鼻毛処理をするときは、軽い気持ちで行うのは控えましょう。

<処理する前後は清潔にする>

鼻の粘膜は皮膚とは違い病原菌が入って来やすいです。
なので鼻毛処理道具や鼻の中は必ず清潔にしましょう。

<鼻の中が正常の時以外は控える>

鼻の中に何か異常がある時に、鼻毛処理をしてしまうと菌が入ってきた時に感染してしまう恐れがあります。そうなるとより悪化してしまいます。

<体調が良い時に行う>

ブラジリアンワックスを使った脱毛方法だと、体により多く負荷がかかってしまいます。
また鼻毛カッターや鼻毛用ハサミで処理する時に、体調が優れていないと事故を起こしてしまうこともあります。
最悪の場合も考えられるので、体調が良い時に行うようにしましょう。

<ピンセットでは抜かない>

そもそもピンセットや普通の毛抜きは鼻毛を抜くためのものではありません。
その専用でないもので抜いてしまうと菌が入ってきやすいような毛穴ができてしまいます。
そこから病気になったりしてしまうことも十分にありえます。
なので専用以外のもので抜くことは絶対にやめましょう。

<切った鼻毛は取り除く>

多くの人がうっかり切った鼻毛を鼻の中に残してしまいます。
そうなると、いつ出てくるかわかりません。
気になる人の前で出てきてしまった時はもう大変です。

それなので、ティッシュで取り除いたり鼻をかんだりしてきちんと取り除きましょう。

【まとめ】

正しい鼻毛処理方法を身につけることができれば、鼻血が出る確率が下がります。
なので、めんどくさがらずに身につけていきましょう。
軽い気持ちで行ってしまうと、鼻血のみならず大事に関わることもあります。
しっかりと多くの危険があるということを認識して安全に行ってください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カミソリ

カミソリで鼻毛処理をしたら鼻の中を傷つけてしまう?

危険

危険な鼻毛処理法とは?あなたは正しい方法で鼻毛を処理していますか?

風邪

鼻毛処理をすると風邪をひきやすくなるってホント?

鼻ニキビ

鼻毛処理の仕方によって鼻の中にニキビやデキモノができる!?

ピンセット

鼻毛処理法として鼻毛を抜いている方いらっしゃいますか?今すぐやめましょう!